【法人・角印】黒水牛(芯持)―超特急60分仕上げ印鑑

60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21
60min-hojin-kuro-kaku21

【法人・角印】黒水牛(芯持)―超特急60分仕上げ印鑑

(60min-hojin-kuro-kaku21)

当日の店舗受取りや、即日の出荷も可能です!
60分超特急スピード印鑑作成。
※当日店舗受取りご希望の場合は、注文状況によりお受けできない場合がございますので、予めご希望店舗にお問合せ下さい。
大阪本店(JR吹田駅前)→06-6170-4064
大阪駅前梅田店(HEP裏)→050-3442-4877
平日:水曜日を除く、10:00~19:00
土日祝:12:00~19:00
※即日出荷をご希望の場合、お届け日数はこちら(日本郵便サイト)にてご確認下さいませ。その際に、発送元の郵便番号は「〒530-0017」をご指定下さい。

【素材について】黒水牛とは

ベトナムを中心とした東南アジアで育つ水牛から、副産物の恩恵を受けて印材となるのが「黒水牛(くろすいぎゅう)」という印鑑素材です。
黒水牛の中でも、「芯を中心に採っ印材を“芯持黒水牛”と呼びます。※当店では「芯持黒水牛」しか取り扱いません。(「芯持」ではない黒水牛は耐久性が低くなります。)詳細の説明を見る。

【書体について】「篆書体」が一般的

偽造されにくい書体ですので、篆書体は法人印鑑の定番書体です。角印に限らず、すべての法人印鑑(実印、銀行印)にもおすすめの書体です。その他に、印相体、隷(れい)書体、行書体、古印(こいん)体の計5種類よりお選びいただけます。「印相体」もよく使われる書体です。各書体の説明を見る。

※文字数が36文字を超える場合は、一回り大きいサイズの24㎜角印をお勧めしております。ご要望のお客様はお問合せ下さいませ。

【文字の配置について】「縦彫り」が一般的

日本語表記の社名でしたら、縦方向に読むように彫刻するのが一般的ですが、特に決まりはございません。英語表記の社名でしたら「横彫り」の方が視覚的に読み易くなるので、バランスなども考えて「横書き」にしてもいいでしょう。

【法人・角印】黒水牛(芯持)―超特急60分仕上げ印鑑
字体
在庫状態 在庫有り
販売価格(税別) ¥13,500
数量